関 斉寛

お客様をはじめ、私たちに関わってくださる業者様、食材、全てにおいて感謝の気持ちを忘れずに、今後一層精進してまいる所存でございます。

今後は更なる店舗展開はもちろん、世界に誇れる文化である日本料理という分野の志を広める活動など、出会いを大切に、そして感謝の気持ちをもって取り組んでまいります。

出会い
そして感謝

関 斉寛Narihiro Seki

1984年生まれ 神奈川県出身

学生時代のアルバイトが飲食店でした。そこは、人も少なく、初めてながらに任されることも多い職場でした。調理がメインでしたが、お客様の前に立つことも多く、お客様の表情や感情がダイレクトに伝わってくることに、飲食店で働くことの面白さを知り、飲食業界へ進むきっかけとなりました。そして、調理の専門学校に入り基礎を学ぶことを決めました。卒業後は、調理場という戦場に入り、様々な経験をさせていただきました。

料理の道に入り、「負けたくないという強い気持ち」を持つこと、「いろいろな人の良さを見て真似る」ということを誰よりも持ち続けたことで現在につながっていると改めて感じます。

新横浜のホテルで料理長との衝撃的な出会いもあり、料理の素晴らしさ、目の前の人を喜ばせることの面白さ、社会への貢献を学び、独立への道を固めました。

関 斉寛へのお問い合わせはこちら

食材へ感謝

お付き合いいただいている皆様へ感謝

鮮魚

  • 鮮魚素材
  • 鮮魚素材

野菜

  • 野菜素材
  • 野菜素材

日本が誇る日本料理 世界へ

「出汁」
日本料理の大きな特徴は「出汁を取る」ということです。
他の料理にはない「旨味がある」。
出汁は、素材と素材の掛け合わせによって味も香りも変化があり、料理によって、料理人さんによって様々な味わいを感じることができます。日本には旬というものがあり、季節によって採れる食材の良さを見極め、そして掛けあわせることで料理人ならではの出汁を作っていきます。
  • 利尻昆布 グルタミン酸の旨味
  • 枕崎鰹節 イノシン酸の旨味
  • しじみ コハク酸の旨味
  • あさり コハク酸の旨味
  • どんこしいたけ グアニル酸の旨味
  • 調理シーン
バングラデシュ大使館へ派遣
最近ではバングラデシュ大使館へお招きいただき、日本料理の素晴らしさを伝えさせていただく機会もございました。今後も日本が誇る日本料理、和食という文化を各店舗から皆様へ、そして世界へと伝えてまいりたいと思います。

関 斉寛が展開する店舗一覧

Shop List

2012年7月26日
等々力「うおいちばん」

うおいちばん

うおいちばん

店舗ホームページ

2014年2月10日
自由が丘「魚斉(うおなり)」

魚斉

魚斉

店舗ホームページ

2015年4月7日
二子玉川「せき亭」

せき亭

せき亭

店舗ホームページ

2016年10月9日
上野毛「魚光(うおこう)」

魚光

魚光

店舗ホームページ

2017年10月5日
自由が丘「和食や ちそう」

魚光

ちそう

店舗ホームページ

2018年8月8日
自由が丘「鮨 りんか」

鮨 りんか

鮨 りんか

店舗ホームページ